Happiness of Search Engine Optimization

うまく引越しをおこなうコツ!単身引越しは意外と大変。

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

SEO対策の意味

サイト運営を行って集客効果をアップしたい場合、SEOを行うことが重要な鍵を握るといえます。
SEOの目的は、検索エンジン最適化ですので、皆様が何か情報を調べる際に検索を行った際に上位に表示することです。

ですから、検索結果で上位に表示することで、さらに自身のサイトにユーザーが訪れることで集客効果はぐんとあがってきます。

効果のあるSEO対策を継続的に行うことで更に効果があります。

もちろん、SEO対策を行わなくても、アクセスがあがるようなサイトであれば、何も対策を行う必要はないのかもしれません。
しかしながら、世の中には星の数ほどのホームページがあるのですから、その中で自身のホームページを確実に見つけてもらい、そこから問い合わせや商品やサービスの申し込みまでたどり着いてもらうのは容易なことではありません。

ですから少しでも多くの方にサイトに訪問してもらい、ホームページを見てもらう必要があるのです。

最適化をはかるseo対策

ウェブサイトはGoogleの検索アルゴリズムによってランキングが大きく変わっています。特にハミングバードやRankBrainが導入されてからのランキングは大きく変化し、従来のseo対策だけでは上位表示が難しいウェブサイトが増えてきています。

そこでseo対策のテクニック開発者はウェブの最適化を図ってきています。ウェブの最適化はユーザーに合わせてサイトの話題を集中させることにあります。Googleでは視聴者にサイトを提案する際にどれほどコンテンツが適しているかを見ていると考えられ、コンテンツの選択をすることが重要となっています。

seo対策としてどんなコンテンツがいいのか?

seo対策としてコンテンツを考える場合まず第一にキーワードが含まれていることです。これがロングテールに効いてきます。複合キーワードが上がりやすくなります。そして、第二にコンテンツのボリュームです。1000文字を目安にどんどんより良いコンテンツを作ってください。

次に、seoを行うキーワードに関連するコンテンツの数を増やしていきます。最低4個は作りたいものです。やはり多くのコンテンツがあると内部リンクが効いて順位の底上げが図れます。よりよいコンテンツを作るのはコストがかかります。当然、自分でできない場合はライターなどが必要になるかもしれません。だからこそ、これは評価されるのです。

アルゴリズムの品質に合ったseo対策

Googleのサーチクオリティチームは日々検索エンジンの品質を高めています。検索エンジン上の順位の決定づけは人工知能が自動的に行っているのですが、そのアルゴリズムの改変は人間が行っています。そして、なにをもってアルゴリズムの品質が高いかと言うと、ユーザー満足度をどこまで高められるかという一点のみです。

昔はブラックハットのようにユーザー満足度をむしろ下げるseo対策がまかり通っていましたが、もちろんグーグルはこのようなseo対策を潰していきます。 アルゴリズムを全部おいかけるのは不可能ですが、この理念は知っておいた方が良いです。

最近のseoは内部が重要

昔はseoといえば外部seoが中心でした。いかにクローラーを呼び込んで評価させるかということを重視しており、まずキーワードの数と被リンクでアピールし、サイトに入ってきたらやはりキーワードの数で押す感じでした。しかし、今はそのようなサイトを作成するとクローラーが巡回してきた瞬間にランク外に飛ばされるでしょう。

今はクローラーの機能が高いので、勝手に来る場合が多いです。なので、巡回してきた際にいかに内部をよく見せるかというのは重要です。そのために重要なのはコンテンツの質とリンクなどのわかりやすさです。

seoを分析して意味があるのか

seoの分析というのがアルゴリズムの解析であるならば、それは無駄な努力に終わります。どんなアルゴリズムの観点があるのかを多少知っておくのは良いのですが、個別のプログラミングを見ようとするのは無理です。

また内部がどうなっているのかはグーグルのエンジニアしかわからないです。一般人が知るのは不可能になっています。 ではseo対策として何をすればよいのかというと、キーワードを調べて考えることと、あとはコンテンツの質を上げることです。内部的にいくらリンクが整っていたりしても、コンテンツがそもそも悪いと上位表示されません。

seoのアルゴリズムは日々進化

グーグルのエンジニアは世界中からトップクラスのエンジニアが集まっているので、プログラミングのスキルが高いです。またデータ解析班のスキルも尋常ではないので、日々seoのアルゴリズムが改変されています。昔はキーワードの数や被リンクの数で判断するロジックが目立っていたのですが、最近はそのような安直なseo対策は通用しなくなっています。

グーグルにとっては不要なサイトが検索上位にはいっていることは深い極まりないことで、今は逆に過剰なまでにブラックハットの疑いがあるものを徹底的にはじき飛ばしまくっています。

ホームページ制作に必要なseo対策

 ホームページ制作にseo対策は欠かせないものとなっています。というのも、ホームページも多くの人の目に止まらなければ注目されず、何の意味もないからです。しかし、seoの対策を行えば、検索エンジンの順位が上がり、場合によっては世界中から何千、何万もの訪問者が来てくれるようになるかもしれません。

自営業者にとっては検索エンジンの結果によって売上や知名度に大きく影響するため、もし、インターネットを利用して知名度を上げたいと考えているのなら、まずはSEOを心掛けたホームページ作りをしてみてはいかがでしょうか。

SEO対策に関する記事